ブログトップ

宇城音楽愛好会

ukion.exblog.jp

宇城音楽愛好会の活動日記(熊本の宇城でアマチュアバンド活動をしている仲間の記録)

悪いのは大人かも!

  久しぶりに学生のライブを見に行ったのですが…。
 書きたい事は山ほどある。でも、ここに書ける言葉の種類は限られてくるけど・・・

 まずはライブハウス側。PAはお姉さまがやってました。確かにロックは、“爆音量”が良いのかも知れませんが、バランスが悪すぎ。ギターとベースはアンプそのまま音出しなので、ドラムとボーカルでバランス取るんでしょうけど、臨場感まったくなし。ギターとベースには リハで音量など支持するべきです。楽器の音質などは無視。多分1000人くらい入るホールも、100人くらいの箱でも、きっと同じPA手法だろうと思いました。自分の耳でPAしてくれ~。
 やる側には たくさん言いたい。4つともボーカルバンドなのに 歌とのバランスまったく無視。ボーカルを引き立てる“リフ”とか出来ないのでしょうか。ギターなんて、歌中のバッキングと間奏の音量が一緒で、ドラムとベースは各々自分のリズム。個々のテクニックは別として、これって“バンド”?“グル-プ”?って首を傾げたくなりました。間違っても笑ってる。”へへっ、間違っちゃった!”ってステージでカミングアウトしてるし。
 おまけに楽しそうでもない。“お前らいったい何のためにバンドやってんの!”。“まだ高校生なのに目指す先は何?” あーっ 気分が悪くなるので、ここらへんでやめよう!
 バンドはチームワーク。野球でもサッカーでも“監督”なり“コーチ”なりがいる。海外ではマネージャーが一人の優れたアーティストにバンドメンバーを見つけ、“バンド”ってもんを作り上げていく。バンドも外部からの支持が絶対に必要と感じます。ただ、理論的な事と感覚的な事の両方が言えないといけないだろうけど…。
 どうだろう、熊本の音楽関係の方々。音楽は只のお金儲けではないような気がします。アマで音楽演ってて、自分が楽しけりゃそれが一番なんて人達。

  若者を育てることも楽しんで貰えませんかねぇ。 higesan
[PR]
by hfohot | 2007-02-11 16:31 | イベント